診療科のご案内
健康診断のご案内
院内施設のご案内
無料シャトルバス
介護・在宅サービス
看護部
リハビリテーション科
無料シャトルバス

診療科のご案内

TOP > 診療科のご案内 > 麻酔科

麻酔科

日本麻酔科学会麻酔科認定病院
麻酔科専門医/指導医:山中 明美

麻酔科では、手術患者様が安全、安心、安楽に周術期(術前から術後まで)を
経過できるように、適切な管理を行っております。
手術という治療は、患者様の身体に大きな侵襲がかかります。
麻酔は、外科医が治療に専念できる状態を作る一方で、
その大きな侵襲から患者様を守る役割を担っています。


  • 手術室入口

  • 手術室前廊下

麻酔の種類

全身麻酔 脳に麻酔をきかせて意識をとります。
静脈麻酔薬や吸入麻酔薬を使います。
意識がなくなると呼吸も止まるため、手術中は人工呼吸を行います。
腰椎麻酔 腰から注射をして脊髄の周りに局所麻酔薬をいれます。
薬が効いている間は、お腹から下の感覚がなくなります。
主に下腹部や下肢の手術で行います。
硬膜外麻酔 通常、全身麻酔や腰椎麻酔と併用して行います。
背中から硬膜外腔という脊髄の入っている空間の外側に
細いチューブをいれ、手術終了前から鎮痛薬の注入を開始します。
伝達麻酔 脇から注射をして腕の神経の周りに局所麻酔薬をいれます。
主に腕や手の手術で行います。
局所麻酔 手術を行う部分に局所麻酔薬を注射します。

術後鎮痛

術後は硬膜外チューブや点滴から痛み止めを使い、痛みの少ない術後を
過ごせるようにしています。

手術件数

平成23年分(H23.1.1~H23.12.31、手術室で行われた手術)

全身麻酔 279例、腰椎麻酔 160例、その他麻酔 157例

1 術前検査 血液検査、心電図、胸部レントゲン写真の検査等を行います。
2 食事及び
水分摂取の制限
食事は手術室に入る6時間前まで、水分は2時間前までと
しています。ただし、病気によってはその時間を
長く取ることもあり、肉類などの重たい食事は
8時間以上あけて頂いています。消化管の手術前には
術前保水液という水分をお渡ししています。
3 入浴 手術前日や手術当日午前中に入り、手術部位を
清潔にすることが望ましいです。
4 手術室へ搬入 手術室に看護師と共に向かいます。歩ける方は歩いて
手術室まで来てもらっています。その際は手術着を着ますが、
手術着の下には使い捨てのショーツ、トランクス、女性には
手術用ブラジャーを用意しています。
5 麻酔導入 手術室では手術台に寝て心電図モニターを装着し、
血圧を測ります。その後、点滴に麻酔の薬を入れますので、
すぐに眠たくなります。
6 手術
7 麻酔覚醒 手術が終了したら、麻酔の薬を中止します。
患者様は徐々に目を覚まします。
8 退室 ベッドで病棟に戻ります。


TOP