診療科のご案内
健康診断のご案内
院内施設のご案内
無料シャトルバス
介護・在宅サービス
看護部
リハビリテーション科
無料シャトルバス

看護部紹介

TOP > 当院について > 部門等のご案内 > 看護部

『あふれる笑顔 はじける会話 明るい看護部』

コンセプト

看護部組織

リハビリ病棟では患者さんが退院後、住み慣れた地域でその人らしい生活が継続できるように、ADLの自立支援やリハビリを提供しています。医師、看護師、セラピスト、介護福祉士、医療相談員、継続看護師と多くの職種が協働し、患者さんの退院後の生活を見据えた支援ができるように努めています。
障害者病棟とは、重度の肢体不自由者(脳卒中の後遺症患者様及び認知症の患者様を除く)・脊椎損傷等の重度意識障碍者(脳卒中の後遺症患者様及び認知症の患者様を除く)・重度の意識障碍者、筋ジストロフィー患者、神経難病等を有する患者様に入院して頂く病棟です。生活のQOLが低下しないように、人としての尊厳を最後まで維持できるように日々努力しています。
内科・透析科における急性期治療が必要な患者さんに対する看護を行っています。医師や他部門のスタッフと連携・協働し安心安全な医療の提供を目指しています。「気づきと気配り」を基本とし温もりある看護を心がけています。
脳外科・脊椎内視鏡・血管内治療科における急性期治療が必要な患者さんに対する看護を行っています。医師や他部門のスタッフと連携・協働し安心安全な医療の提供を目指しています。「気づきと気配り」を基本とし温もりある看護を心がけています。
外科・整形外科・乳腺甲状腺・胸部外科の疾患や障害により手術・化学療法を行っています。手術前後を通じて早い段階からチームアプローチを行い、患者さんが持つ不安や心配事の軽減につながるような看護を心がけています。
患者さんの安全、安楽な手術を行う為、医師や他部門との連携。情報共有を行い、不安の軽減に努めています。根拠に基づいた知識、技術を習得し、手術環境の整備を徹底し清潔な環境の維持と感染の防止、安全な滅菌を行えるよう取り組んでいます。
外来診察の補助、処置や検査の介助が基本業務です。患者指導を含めて外来患者さんのサポートを担当します。外来では疾病を有しながら地域で療養・社会生活を営む患者さんやそのご家族などに対し安全・安心・信頼される診療が行われるよう、看護職が診療の補助を行っています。
看護師1名とMSW5名、事務職員1名が在籍しています。患者さんが入院・治療・療養棟の際に抱えるあらゆる場面での不安や不信、疑問に対して医療、福祉、介護の分野の専門職がサポートしていきます。相談は入院・外来を問わず相談をお受けしております。「田岡病院でよかった」と言っていただけるよな支援ができるよう取り組んでいます。


TOP